2022

Picture of Dr Sarah Louise Barber - Director WKC

「敬老の日」に寄せて WHO神戸センター所長からのメッセージ

本日、9月19日、日本では敬老の日を迎えます。

高齢者が社会に貢献されてきたことを称え、感謝する日です。WHO神戸センターは、長きにわたり兵庫県と神戸市にご支援をいただいていますが、この兵庫県に『敬老の日発祥のまち』(多可町)があることを嬉しく思います。

日本は100歳以上の高齢者(百寿者=センティネリアン)が非常に多いことで世界的に知られています。この方々をはじめ、地域社会に多大な貢献をされている全ての高齢者に敬意を表します。

人々が健康で活動的な生活を長い間続けるには、高齢者の多くのニーズに対応した総合的な医療や社会システムが確立されていることが必須です。WHO神戸センターは高齢者が経済的困難に陥ることなく長期にわたって必要な支援を受けられるよう、持続可能な公的財政システムに関する研究や提言も行っています。

WHO神戸センターは、日本の関西地域をはじめ、世界中の研究機関や研究者と協力をし、すべての高齢者が医療と社会福祉サービスを適切に受けられるようにするための研究を続けています。その一例として、現在、京都大学と協力して、関西地域の高齢者が必要な医療サービスを受ける際に直面する経済的・社会的な課題を社会福祉士の知見に基づいて明らかにし、それらへの対処法も提案しようとしています(詳細はこちらをご覧ください)。

こうした研究の成果は、高齢者の健康面や社会面でのニーズに対応する施策を講じるのに役立てもらえるよう、地元自治体の政策立案者と共有されます。また、同じような問題に直面する世界中の国々とも共有されます。WHO神戸センターのミッションの詳細はこちらをご覧ください。

日本赤十字広島看護大学で講義

当センターのローゼンバーグ恵美技官は、9月16日(金)に日本赤十字広島看護大学の3年生を対象に、WHOの役割や国際救援看護師に求められる能力などについてオンライン講義を行いました。同講義は、国際救援や開発協力に関わる国際機関の活動と役割を理解することを目的に、普段は国際赤十字の活動拠点のあるスイス・ジュネーブで同大学が行っている研修の一部ですが、今年はパンデミックとウクライナ人道危機によって国際的な移動の安全が確保できないことから日本でオンライン形式で行われています。

WKCフォーラム 2022 Our planet, our health -私たちが考える地球規模の健康課題- 開催のご案内

今年の世界保健デーのテーマは「Our planet, our health(私たちの地球、私たちの健康)」です。未曽有の感染症、高齢化、災害危機管理など、グローバルな対応と国やコミュニティー間の連帯が必要となる健康課題は数多く存在します。このような背景から、 WHO神戸センターは今年、様々なグローバルヘルスの課題について学び、議論する機会となる学生フォーラムをオンラインにて開催する運びとなりました。

パネルディスカッションにはグローバルヘルスの専門家が登壇予定です。ブレイクアウトセッション(視聴者参加型セッション)では環境、スポーツ、経済、教育など12のテーマで健康課題について参加者と議論を深めます。健康問題に個々人が取り組むための第一歩となるような議論を皆さまと共に作り上げます。私たちの健康について一緒に考えてみませんか。

 

フォーラム概要

日時:2022925日(日)13:00-16:10

プログラム内容はこちら

参加対象:日本国内の中高生(高専生含む)、大学生、大学院生
※1 基調講演とパネルディスカッションは上記の学生に限らず、一般のすべての方が視聴できます。
※2 教育関係者や一般の社会人等、学生以外の方で、他の学生と同様に分科会の議論に参加を希望される方については、個別にご相談ください。

オンライン配信参加方法:事前にこちらのURLよりお申し込みください。

 

締切り:2022923日(金)正午

主催:WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)

共催:inochi WAKAZO project

「WHOサマースクール」開催について

兵庫県神戸市にあるWHO神戸センター(WKC)は、地元貢献事業の一環として将来、国際保健分野で活躍する学生たちへの啓発・育成プログラムを毎年開催しています。

国際社会は大きな歴史の岐路に立っています。未曽有の感染症、紛争や政治的対立、経済格差など国際社会が直面する課題は様々です。このような地球規模の課題に取り組み、持続可能な社会を実現するために、私たちは何ができるでしょうか。

今回開催する「WHOサマースクール」では、WHOや日本に拠点がある国連機関の職員との対話や参加者同士のディスカッションを通して、コロナ禍で人類が直面する健康課題を含む、さまざまな地球規模の課題への理解を深めます。そして、探究課題に取り組み、その成果を925日の「WKCフォーラム」にて発表いたします。

尚、サマースクールおよびフォーラムは基本的にオンライン開催となります。

 

【開催概要】

主催:WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)

日程:20229521日「WHOサマースクール」および25日「WKCフォーラム」

実施場所:オンライン、WHO神戸センターオフィス(感染状況により判断)

プログラム内容:詳細についてはこちらの募集要項をご確認ください

参加対象:日本国内の高校生、大学生、大学院生(留学生を含む)

応募先:wkc@who.int  までメールにてご応募ください
 

締切り:2022819日(金)17:00

誰一人取り残されることのない医療福祉制度を考える、WKCフォーラム開催の報告

7月28日、WKCフォーラム「複合課題をもつ世帯 周縁化された人々への支援には どのような制度・対策が必要か?~誰一人取り残さない支援へのチャレンジ~」が開催されました。超高齢社会の先頭を走る日本社会では、医療に関する経済的問題や現場の課題が山積しています。背景には、専門職内および専門職間で課題や対策が共有されにくい現状があります。当日は、約150名の自治体関係者、研究者、市民が参加し、それぞれの立場から出された共通の課題や、課題への対策、関連する制度のあり方について確認し、誰一人取り残されることのない医療福祉制度の構築について議論を交わしました。

 

【開催概要】

複合課題をもつ世帯 周縁化された人々への支援には どのような制度・対策が必要か?
~誰一人取り残さない支援へのチャレンジ~

日時:2022年7月28日(木) (17:00–19:00)

会場:WEB会議システムによるオンライン開催(Zoom)

参加費:無料(要事前登録、先着300名)

共催:京都大学 大学院医学研究科 医療経済学分野・WHO神戸センター(WKC)

 

 

WKFC_HCW_Jun2022

WKCフォーラム「 保健医療制度の根幹を支える医療従事者の役割を再考する」開催の報告

 

WHO神戸センターは兵庫県神戸市に所在し、地元貢献事業として重要な国際保健の課題について広く啓発・情報提供する「WKCフォーラム」を毎年開催しています。2022年6月25日 には、医療従事者の役割と貢献をテーマにしたWKCフォーラムが開催されました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックは、2020年以降、世界の保健医療に大きな影響を及ぼしています。特に、保健医療制度の根幹を担い、UHCの推進に重要な役割を果たす医療従事者は、限られたリソースの中でプレッシャーとストレスにさらされながら懸命に働いています。

今回のフォーラムは、この医療従事者の役割と貢献への理解を深めることを目的に地元および国の研究機関との共同で開催され、約150名の市民・医療従事者が参加しました。

ご参加、ありがとうございました。

尚、当日のフォーラムの様子はこちらの録画(約2時間)からご覧いただけます。どうぞご視聴ください。

 

【開催概要】

日時:2022年6月25日 (13:00–15:00)

会場:WEB会議システムによるオンライン参加(Zoom)

参加費:無料(要事前登録)

主催:WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)

共催:WHO神戸センター協力委員会

協力(五十音順):国立国際医療研究センター、兵庫県立大学、聖路加国際大学、兵庫県、日本医療政策機構、神戸大学医学部附属病院、沖縄県立中部病院、ハワイ大学がんセンター、日本看護協会 ほか

 

サラ・ルイーズ・バーバーが順天堂大学で講義

当センター所長  サラ・L・バーバーは2022年6月17日、順天堂大学大学院にて人口の高齢化と介護が与える経済的影響について講義を行いました。バーバーは、健康的な高齢化を促進するための投資は、個人だけでなく地域や社会にもリターンがあることを強調しました。学生たちは、特に低・中所得国の政府を健康的な高齢化と介護へ投資するよう説得するための課題について積極的に議論しました。

WHO職員になりすました詐欺にご注意ください!

WHO職員になりすました詐欺にご注意ください!

 

現在、WHO職員を名乗る人物からソーシャルメディアを通じて、日本迄の渡航費や費用の立替えを求められたという詐欺行為が報告されています。

危険な紛争地域にWHOの医療スタッフとして派遣されていると語って一般の方々に個人的に近づき、偽造した顔写真付きの職員IDを見せて信用させようとする巧妙な手口を使っているケースも報告されております。

WHOあるいはWHO職員が一般の方々に費用の立替えや金銭などを要求することは一切ありません。

万一詐欺被害に遭ってしまった場合、最寄りの警察署にご相談ください。

 

関連ウェブサイト

国際連合広報センター

JETRO 日本貿易振興機構ー国際的詐欺事件について(注意喚起)

 

 

茅野龍馬医官が広島大学大学院で録画講義

6月2日(木)11・12時限(18:00~19:30) 当センターの茅野龍馬医官が広島大学大学院「医療政策・国際保健概論」で録画講義「The transition of MDGs/SDGs and global health」を行いました。ご参加、ありがとうございました。https://bit.ly/3loTAL7

ローゼンバーグ・恵美技官が広島大学大学院医療政策・国際保健概論で録画講義

5月26日(木)当センターのローゼンバーグ・恵美技官が広島大学大学院医療政策・国際保健概論で録画講義「The role of the WHO in global governance of health and disease」を行いました。
 

Pages