Our Vision

持続可能なユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)実現に向けた 革新的なイノベーションを創出

Our Mission

革新的なソリューションを研究し、政策や事業へと発展させることで、持続可能なユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を実現する。

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を2030年までに達成するには、保健システムの制度的な改革と世界各地の成功事例の幅広い共有が求められています。WHO神戸センターでは持続可能なユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)実現に向けて、研究を通してエビデンスを構築し、保健医療人材を開発し、日本の持つ専門性や知見を神戸から世界に向けて発信します。

 

WHO神戸センターの研究計画(2016-2026)(英語)

The Agenda 2030 Sustainable Development Goals (SDG), 2015-2030 provides an extraordinary opportunity for countries to further improve the health and welfare of populations, ensure inclusiveness and equity, to increase synergy of action across sectors, and to sustain progress. Progressively attaining Universal Health Coverage (UHC) in countries (a Target within the SDG for Health requires action and transformation of health system design and implementation to achieve equity in health outcomes, and to ensure that all people and communities can access comprehensive health services of sufficient quality, without financial hardship.

  • WHO神戸センターの研究計画(英語)(2016-2026) pdf, 729kb

サラ・ルイーズ・バーバー所長

2017年5月にサラ・ルイーズ・バーバー博士がWHO神戸センター所長に就任しました。

チームメンバー

WHO神戸センターで質の高い政策研究を率いるチームメンバー紹介。

諮問委員会

WHO事務局長によって任命される諮問機関-WHO神戸センター諮問委員会

Scientific Working Group

Scientific Working GroupはWKCの研究に関する技術的な助言を行います。

諮問委員会ミーティング・レポート

WHO神戸センター諮問委員会は毎年11月に開催されます。

Where We Are

WHO神戸センターの所在地やアクセスマップはこちらからご覧ください。

WHO神戸センターの歴史

センター設立の背景と沿革。