Latest News

WKC-OECD研究発表

WHO健康開発総合研究センター(WKC)と経済協力開発機構(OECD)は、全ての人が基礎的医療サービスを受けられるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)に向けた各国の取り組みの進展の加速を支援するために、保健医療における価格設定および価格規制に関する新たな研究についての発表を行った。

研究者達は9つの国・地域*に関する事例研究を完了し、特に低所得国と中所得国における価格の設定と規制に対して、得られた教訓を取りまとめ、更なる研究の対象となる領域を特定した。

研究のコーディネイターでありWKCの所長でもあるサラ・バーバー博士は次のように述べた。「価格設定と支払いに関する政策はUHCを推進させるための重要なツールである。価格政策は医療従事者と患者の双方に、どのような医療サービスが提供されるのか、また医療提供者にはどの程度の適正な支払いがなされるのかについて、明確なメッセージを送る。価格の設定が高すぎたり低すぎたりすると、医療提供者は不必要なケアを追加したり、質の不十分なケアを提供するなどして埋め合わせを図るかもしれない。」

この研究では価格が設定される仕組みを比較することにより、規制当局による一方向性の価格設定では、保険会社と医療サービス提供者との間の個別の価格交渉による設定と比較して、医療の質とは無関係の価格における変動が排除されて、医療コストの低減に役立つことがわかった。事例研究の多くは既に確立された医療の状況に焦点を当てていたが、全ての政策立案者達は、医療の質、効率、健康へのアウトカムの向上を促す動機を提供するための手段として価格を使用すべく努力を続けている。

例えば、研究の対象となった国々の大半では、僻地または遠隔地の医療提供者や、過度に多数の低所得者あるいは高額治療患者を扱う医療提供者に対する価格を調整することによって、公正な医療へのアクセスと受給を保証している。日本、大韓民国、ドイツ、マレーシアとタイでは、規定額をこえる形で医療費を請求することが禁止されており、医療提供者は規制された価格より高額の請求を行うことが許可されていない。これは、支払い時に予期しない自己負担費用から人々を守るためである。

この研究は、保健医療への公的資金を増やそうとしている低所得国及び中所得国にとって、特に価値がある。研究から得られた教訓としては、データ・インフラストラクチャーと医療施設のキャパシティへの投資の必要性が挙げられる。その様な投資により、政策、順次的な実施変更の計画、健康政策のゴールに向かうための価格の使用、健康関連目標の達成に必要とされる修正を特定するためのモニタリングと評価のシステムの設立の指標となる背景特異的なエビデンスを作出できる。

このユニークな成果は、保健制度やユニバーサル・ヘルス・カバレッジに係わる政策立案や研究者たちの興味を引くだろう。詳細はWKCのウェブサイトからダウンロードできる。https://extranet.who.int/kobe_centre/ja/project-details/Price_setting_health_care

* オーストラリア、イングランド(イギリス)、フランス、ドイツ、日本、マレーシア、大韓民国、タイ、メリーランド州(アメリカ合衆国)

2019年世界禁煙デー WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター) 所長 サラ・バーバーからのメッセージ

毎年5月31日に、世界保健機関とその協力機関は世界禁煙デーを記念して、喫煙と受動喫煙が有害で死に至る一方で、死亡や疾患を確実に防ぐことのできる要因でもあるという認識を高める活動を行っています。2019年は、喫煙者だけでなく、あらゆる人の肺の健康に対するたばこの脅威に焦点をあてています。

喫煙は肺がんの最大の原因であり、世界ではたばこが原因と考えられる肺がんで毎年約120万人が亡くなっています。喫煙者は非喫煙者より肺がんに22倍かかりやすく、結核に2倍かかりやすくなります。世界で新たに結核と診断された患者の20%以上は、たばこが原因の可能性があります。

たばこの煙は室内の空気を汚染します。吐き出される煙と同様に、たばこの燃焼部分から出る煙にさらされることは、受動喫煙であることが知られています。この煙を吸い込んだ非喫煙者は、肺がん、慢性閉塞性肺疾患、結核、ぜんそくにかかるリスクが高まります。喫煙者の子供においては肺の機能が低下し、成人後、慢性的な呼吸器疾患にかかる恐れがあります。

たった1本のたばこでも肺にダメージを与えます。吸い込んだ煙は、粘液や異物を取り除く働きをする気道内の構造を麻痺させるため、煙に含まれる有害物質が肺に入りやすくなります。日本では人口の約18%がたばこを吸っており、受動喫煙が原因で毎年約15,000人が亡くなっています。

しかし、禁煙を始めるのに遅すぎるということは決してありません。肺の機能は、たばこを止めてから2週間のうちに改善します。

日本では最近、屋内での喫煙に関する法規制が強化されました。2019年7月から、学校、病院や診療所、行政機関の庁舎、児童福祉施設では屋内での喫煙が禁止されます。東京都、千葉市、静岡県、北海道などのいくつかの自治体は、県民や市民を守るため、より厳しい全面禁煙の条例を導入しています。ますます多くの事業者が職場での喫煙を禁止することでたばこではなく健康の促進を選び、従業員の禁煙を支援しています。

これらは、有害な受動喫煙から人々を守るための重要な一歩ではありますが、充分とは言えません。日本国内の小さな飲食店の約55%は、その広さを基に法規制から免除されます。つまり、その顧客や家族、従業員はたばこの煙にさらされる状況が続くということです。喫煙専用室は、人々を受動喫煙から守ることには非効果的であるにもかかわらず、事務所、ホテル、鉄道などの公共空間でその利用が今後も続くことになります。

日本は、電子たばこや加熱式たばこ(HTP)の最も成長著しい市場の一つです。加熱式たばこも他のたばこ製品と同様に規制するべきであり、加熱式たばこや電子たばこの受動喫煙から周囲の人々を保護する必要があるとWHOは勧告しています。

まもなく日本は、ラグビーワールドカップ2019日本大会で、その文化とおもてなしの心を披露することになっています。参加国の多くは屋内全面禁煙に関する法律を既に導入しており、健康にもビジネスにも好ましい影響を認めています。屋内禁煙の影響についての研究では、バーやレストランの経営に好ましい影響を与えるか、もしくは影響しないかのいずれかであるという結果が得られています。

日本は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ実現に向けて、質の高い保健医療に国民全員が確実にアクセスできるように進めてきたことで、世界を主導する立場にあることを証明してきました。2019年のラグビーワールドカップと2020年のオリンピックは、全面禁煙の法規制の範囲を拡大し、加速させるための絶好の機会です。最も効率的なたばこ規制の政策・法律を導入し実施することは、喫煙者だけでなく、あらゆる人の肺の健康にとって重要です。

Latest Publications

Second WHO Global Forum on Innovations for Ageing Populations Report of the forum, 7-9 October 2015, Kobe, Japan

The report of the Second WHO Global Forum on Innovation for Ageing Populations is now available. The World Health Organization Centre for Health Development (WHO Kobe Centre, WKC) convened the Forum to build upon the platform WKC created in 2013 to share information, debate and drive new thinking about the current and emerging health and social challenges surrounding ageing populations and innovations. The Forum, with its theme “IMAGINE TOMORROW,” explored ideas for transforming communities, systems, and technologies for ageing populations worldwide – developments that are timely and key to attaining universal health coverage (UHC) and the new Sustainable Development Goals.

Background

Two years after convening the first one, the World Health Organization (WHO) held its second WHO Global Forum on Innovation for Ageing Populations on 7-9 October 2015 that successfully gathered 212 participants from 24 countries in Kobe, Japan, in exploring visions of transformation in communities, systems, and technologies for ageing populations worldwide. Organized by the WHO Centre for Health Development, also known as the WHO Kobe Centre, the 3-day forum brought together diverse stakeholders - policy-makers and government representatives, members of the academia and the research community, funders, public health professionals, innovators from civil society and the private sector and older people’s voices - to highlight and accelerate social as well as technological innovations for older adults globally. With the theme “Imagine Tomorrow”, the forum connected innovators with practical knowledge, the latest WHO data and framework and a diverse stakeholder network that shares in common an interest in the physical, mental and social well-being of older people towards innovation for healthy ageing.

Results

The report of the Second WHO Global Forum on Innovation for Ageing Populations entitled “Imagine Tomorrow”, based on its theme, showcases - in both static and interactive versions - the ideas, suggestions, experiences and tensions expressed during the forum on the journey from today’s realities to realizing tomorrow’s envisioned person-centred, integrated care and support systems that would enable older people to age in their communities and continue functioning and engaging in society at large. In the spirit of innovation, the Global Forum provided several platforms for participants to be able to connect, engage in conversations and share solutions in improving the lives of older people in different settings being a global imperative. The report captured overcoming the stereotypes about older people that limit their opportunities; narrated a personal story on ageing in place; detailed “the 5Ps” that would enable ageing in place; and reiterated the need for ensuring that health services and care are accessible to everyone everywhere. In synthesizing documented inputs and discussions, the report upheld the Global Forum’s innovative and participative format by mirroring its interactive, conversational approach, thus, the contents were delineated as a series of conversations among older adults.

Moving forward

The Second WHO Global Forum on Innovation for Ageing Populations, convened shortly after the launch of the Sustainable Development Goals 2016-2030 and the release of the first WHO World Report on Ageing and Health (WHO, 2015), has set the stage and momentum for continuing efforts on how health systems, the health sector and other sectors of society can be imagined to be transformed to provide coordinated health and care services, as close as possible to older people in the community. It, therefore, urges all participants and readers to go beyond just having the conversations, towards concrete actions for older people. WHO and the WHO Kobe Centre invite all in moving forward together to share the inputs, lessons, research, insights and questions embodied in the report to advance social and technological innovations for ageing populations in order to “create tomorrow” that has been imagined at the forum.

Related links

Report of the Second WHO Global Forum on Innovation for Ageing Populations, 7-9 October 2015, Kobe, Japan

Summary Report of the Consultation on Advancing Technological Innovation for Older Persons in Asia 20-21 February 2013, Kobe, Japan

The global population, particularly in the Asia Pacific region, is rapidly ageing with implications for swiftly rising health care and social costs, and maximizing the potential of this population’s contributions to society. In the next 20 to 30 years, the greatest growth in ageing populations will be in low and middle income countries. A WHO priority is to enable ageing populations to remain healthy, active and independent for as long as possible. Achieving the aforementioned goals requires early diagnosis, prevention and treatment of prevalent diseases (e.g., non-communicable diseases), reduction of their risk factors, ensuring rehabilitation services and managing disability, and delay, management, and prevention of functional and cognitive decline. Advancing the availability and affordability of medical and assistive devices, and their integration into community-based health and social service systems, requires innovation that addresses the needs and contexts of older populations, particularly in low income and emerging economy countries.

The Consultation convened experts from government, industry, academia, non-governmental organizations representing the perspective of those using technologies, and from WHO. In addition, with support from the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare, WHO commissioned two systematic reviews/studies of the availability and status of medical and assistive devices (respectively) in eight Asian countries, preliminary findings of which were presented during the Consultation.

The Consultation highlighted the need to address many inter-twined spheres of action to ultimately increase the availability of affordable, acceptable, safe and effective health technologies. Underlying discussions was a recognition of an end-to-end process for innovation that recognized the link between needs articulation, design, development, production, assessment, regulatory oversight, financing, procurement, use, maintenance, and continued post-marketing surveillance.

Archived Projects

医療技術評価:高齢者のための医療技術の優先付け基準の開発

近年、高齢者の健康増進のために多くの新技術が開発されています。本報告書では、特に低・中所得国の機能的能力の低下に直面する高齢者のための医療技術を政策的に選定する際の優先付けの基準を明らかにします。また、ホライズン・スキャニング・システムにこの基準を適用し、高齢者にとって有益性が高く見込まれる医療技術を評価します。

... Read More

健康な高齢化を支える地域レベルの社会的イノベーション(CBSI)

高齢化の進行に伴い、高齢者が直面する多様で複雑なニーズに保健制度としてどのように対応していくかが世界各国の課題となっています。それは先進国においても発展途上国においても同様です。そこで本研究では「健康な高齢化を支える地域レベルの社会的イノベーション(CBSI)」を活用することで、... Read More