評価指標

評価指標は標準化された方法を使って物事を数量化する手段です。異なる地域や時点の間でも比較可能な形でユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)の進展状況を評価するうえで指標は重要です。WHO神戸センターでは、人口の高齢化に伴う保健システム上の課題を踏まえたUHCのモニタリングに資するような評価指標およびその他の関連問題について研究を行っています。

WHO神戸センターの重点分野

WHOと世界銀行は、UHCに向けたグローバルな進展状況を評価するための指標枠組みを開発しました。しかし、この指標枠組みでは、高齢者の複雑なニーズに保健システムが対応しなければならない高齢化社会においては、UHCの状況を十分に捉えきれないと思われます。各国がそれぞれの状況に応じて必要なUHCのモニタリングや評価手法を考えなければならないことは広く認められています。WHO神戸センターは、状況に適したUHCモニタリングの枠組みの開発に向けた各国の取り組みを支援する研究を行っています。

最近のプロジェクトはこちら

多くの評価指標や測定ツールを用いて、保健サービスのカバレッジや患者の経済的保護、その他のUHC関連のデータが作成できるようになっています。このようなデータは地域や国の政策の改善に重要です。WHO神戸センターは、様々な状況において、高齢化社会の保健システムの改善に向けた評価指標やモニタリングツールの開発、適応、および妥当性評価に関する研究を支援しています。また、高齢化の状況におけるUHCの評価に関するグローバルなデータの構築とデータ・アクセスの向上にも取り組んでいます。

最近のプロジェクトはこちら

評価指標にもとづいた研究から作成される数量データは、意思決定者を混乱させたり、圧倒させてしまうことがあります。研究やモニタリングの結果を国や地域レベルの政策や事業に確実に反映させるために、様々な形でナレッジ・トランスレーションを行うことができます。WHO神戸センターは、ナレッジ・トランスレーションのグッド・プラクティスをまとめたり、イノベーティブなアプローチを支援する研究を行っています。

最近のプロジェクトはこちら

なぜこの研究が重要なのか?

「測定できるものは達成される」と言われます。UHCをモニタリングする上で用いられる評価指標は、各国が増大する高齢者を含めたすべての人々に対して、保健サービスへのアクセスと経済的保護を拡充する適切な措置を取るかどうかに強く影響します。

 

アーカイブされたプロジェクトはこちら