WHO神戸センターについて

ビジョン

 

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とイノベーションの実現に向けたグローバルな研究拠点

ミッション

 

日本をはじめとするアジア太平洋地域、および世界で得られた教訓をもとに、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、医療経済、高齢化、そして、災害・健康危機管理の各分野で研究を行う強みを生かし、公正で持続可能なUHCを実現するためのイノベーションと研究を推進すること

 

Read More

WHO神戸センタ―所長からのメッセージ

急激に変化する世界における持続可能な医療保健システムを支援

2030年までにユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を促進するためには、医療保健システムのイノベーションに関するエビデンスを強化し、各国の事例を共有していく必要があります。当センターでは、日本の神戸に位置するというユニークな特性を生かして、ローカルからグローバルまでの取り組みを結びつつ、持続可能なUHC実現に向けた研究の創出、エビデンスの蓄積、および、UHCのキャパシティ向上を支援しています。

WHO神戸センターの活動

WHO神戸センターでは、「サービス提供」「指標」「災害健康危機管理」の3分野の研究と地元関西に貢献する活動を行っています。プロジェクトの詳細については各ページをご覧ください。

 サービス提供

 指標

 災害・健康危機管理

 地元貢献