健康な高齢化に関する ナレッジ・トランスレーション: 日本老年学的評価研究(JAGES)

Implementation:

2017年5月 プロジェクト開始、2017年11月 草案作成、2017年12月 外部レビュー・コンサルテーション、2018年5月 プロジェクト完了

Implementing partners:

国立長寿医療研究センター

Location of research:

日本

Total Budget:
90,000 USD

概要

このプロジェクトでは、高齢者の健康と健康格差に影響を与える決定要因に関する科学的エビデンス創出のための戦略と、そこから得られる科学的知見を実際の政策や事業に活用するための戦略を特定しました。具体的には、国内最大規模の高齢者調査である日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトに着目し、JAGESがこれまでに実施した健康と高齢化に関する社会疫学的研究において有用なツールや戦略、そして、科学的知見が健康な高齢化に関する国や地方自治体の取り組みに反映されるために必要なツールや戦略について検討しました。

背景・目的

JAGESは社会疫学的手法を用いて、高齢者の健康問題および健康格差の原因追究を進めてきました。特に、研究とナレッジ・トランスレーション(知見を政策や事業に活用させること)の双方を国や地方自治体と連携、協働して進めるJAGESの戦略的アプローチは広く評価されています。

研究骨子

  1. どのようにJAGESが行政機関と連携しながら、系統的にデータを収集し、大規模調査を実施してきたのかを明文化する。
  2. これまでに蓄積されたJAGESの科学的知見を統合的に整理する。
  3. 科学的知見を自治体や国の政策に活かすフィードバック方法を示す。(具体的には、各自治体で得られたエビデンスを「見える化」するツールJAGES HEART(健康の公平性評価と対応ツール)の活用方法など)
  4. 神戸市(兵庫県)、松戸市(千葉県)、武豊町(愛知県)など、これまでにJAGES調査に参加し、調査から得られた知見が活用されている自治体への聞き取り調査を実施する。

JAGESが作成したデータマップ例: 要介護認定を受けた高齢者(65歳以上)の分布(関東地方市町村別)
出典: http://www.doctoral.co.jp/WebAtlas/201112WebAtlas/kanto/atlas.html

 

結果

JAGESは、政策に科学的知見の活用を促す取り組みにおいてのモデルとなっています。

研究者と自治体職員の相互利益の確保や、科学的知見の政策形成への活用を促すツールの提供、政策とその実施、更なる研究発展のための科学的根拠の発信といったアプローチは、JAGESの成功をより確かなものへと導きました。

このプロジェクトの主な成果として、JAGESの研究方法や、健康な高齢化のためのナレッジ・トランスレーションに関する主要な研究結果をまとめたモノグラフが出版されました。このモノグラフには、日本でどのようにJAGESが構築したツールやプロセスが実施されたのかを示す実例も紹介されています。

成果物

Thumbnail Advancing universal health coverage through knowledge translation for healthy ageing: lessons learnt from the Japan Gerontological Evaluation Study (Publicationsページも参照)

 政策概要(日本語):研究を通じた健康な高齢化とユニバーサル・ヘルス・カバレッジの推進(下記のPDF Downloads参照)

査読論文

  1. Saito J, Haseda M, Amemiya A, Takagi D, Kondo K, Kondo N: Community-based care for healthy ageing: lessons from Japan. Bulletin of the World Health Organization 2019;97:570-574.
  2. Nagamine Y, Kondo N, Yokobayashi K, Ota A, Miyaguni Y, Sasaki Y, Tani Y, Kondo K. Socioeconomic disparity in the prevalence of objectively evaluated diabetes among older Japanese adults: JAGES cross-sectional data in 2010. J Epidemiology 2019; 29(8): 295–301.
  3. Watanabe R, Kondo K, Saito T, et al. Change in municipality-level health-related social capital and depressive symptoms: ecological and 5-Year repeated cross-sectional study from the JAGES. Int J Environ Res Public Health 2019;16(11):2038. doi:10.3390/ijerph16112038
  4. Saito M, Kondo N, Oshio T, Tabuchi T, Kondo K. Relative deprivation, poverty, and mortality in Japanese older adults: a six-year follow-up of the JAGES cohort survey. Int. J. Environ. Res. Public Health 2019;16(2):182. doi:10.3390/ijerph16020182
  5. Tani Y, Suzuki N, Fujiwara T, Hanazato M, Kondo K. Neighborhood food environment and dementia incidence: the Japan Gerontological Evaluation Study cohort survey. American Journal of Preventive Medicine 2019;56(3):383-92.
  6. Amemiya A, Kondo N, Saito J, Saito M, Takagi D, Haseda M, Tani Y, Kondo K. Socioeconomic status and improvement in functional ability among older adults in Japan: a longitudinal study. BMC Public Health 2019;19:209.
  7. Tsuji T, Kondo K, Kondo N, Aida J, Takagi D. Development of a risk assessment scale predicting incident functional disability among older people: Japan Gerontological Evaluation Study. Geriatrics & Gerontology International 2018;18(10):1433-8. doi:10.1111/ggi.13503.
  8. Kanamori S, Takamiya T, Inoue S, Kai Y, Tsuji T, Kondo K. Frequency and pattern of exercise and depression after two years in older Japanese adults: the JAGES longitudinal study. Sci Rep. 2018;8(1):11224. doi: 10.1038/s41598-018-29053-x.
  9. Tani Y, Suzuki N, Fujiwara T. et al. Neighborhood food environment and mortality among older Japanese adults: results from the JAGES cohort study. Int J Behav Nutr Phys Act 2018;15:101. doi:10.1186/s12966-018-0732-y.
  10. Tsuji T, Miyaguni Y, Kanamori S, Hanazato M, Kondo K. Community-level sports group participation and older individuals’ depressive symptoms. Med Sci Sports Exerc. 2018;50(6):1199–1205.
  11. Yagi A, Hayasaka S, Ojima T, Sasaki Y, Tsuji T, Miyaguni Y, Nagamine Y, Namiki T, Kondo K. Bathing frequency and onset of functional disability among Japanese older adults: a prospective 3-year cohort study from the JAGES. J Epidemiol. 2018. doi: 10.2188/jea.JE20180123
  12. Zaitsu M, Kawachi I, Ashida T, Kondo K, Kondo N. Participation in community group activities among older adults: Is diversity of group membership associated with better self-rated health? J Epidemiology 2018;28(11):452-457. doi: 10.2188/jea.JE20170152
  13. Aida J, Cable N, Zaninotto P, Tsuboya T, Tsakos G, Matsuyama Y, Ito K, Osaka K, Kondo K, Marmot MG, Watt RG. Social and behavioural determinants of the difference in survival among older adults in Japan and England. Gerontology 2018;64(3):266-277.
  14. Haseda M, Kondo N, Ashida T, Tani Y, Takagi D, Kondo K. Community social capital, built environment, and income-based inequality in depressive symptoms among older people in Japan: an ecological study from the JAGES project. J Epidemiol. 2018;28(3):108-116. doi: 10.2188/jea.JE20160216. 
  15. Aida J, Hikichi H, Matsuyama Y, Sato Y, Tsuboya T, Tabuchi T, Koyama S, Subramanian SV, Kondo K, Osaka K, Kawachi I. Risk of mortality during and after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami among older coastal residents. Scientific Reports 2017;7(1):16591.

研究チーム

主導施設: 国立長寿医療研究センター (NCGG)
国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター老年学評価研究部長、千葉大学予防医学センター教授 近藤 克則 教授(主導研究員)
浜松医科大学 健康社会医学講座 尾島 俊之 教授
東京大学大学院医学系研究科 保健社会行動学分野、健康教育・社会学分野主任 近藤 尚己 准教授
東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 相田 潤 准教授
日本福祉大学 斉藤 雅茂 准教授
WHO神戸センター ローゼンバーグ 恵美 技官

関連リンク

一般社団法人 日本老年学的評価研究機構ウェブサイト:WHOとの共同研究

ダウンロード: